ブログ|熊本市東区長嶺南で歯科をお探しの方は【すけひろ歯科・kidsデンタルクリニック】まで


熊本市東区長嶺南・すけひろ歯科・kidsデンタルクリニック
ご予約はこちら
診療時間
9:30〜18:30 / / / /
9:30〜17:00 / / / / / / /

祝日のある週の金曜日は診療いたします。
休診日:金曜・日曜・祝日

〒861-8039
熊本県熊本市東区長嶺南
1丁目6-5

tel.096-237-6479
  • 地図
  • メニュー

親がタバコを吸っていると子どもの歯ぐきが黒くなるって本当?

2019.10.31(木)

皆さん、こんにちは。

熊本市東区の すけひろ歯科・kidsデンタルクリニックです。

 

お子さまの受動喫煙による健康への影響が、問題になっています。

実は、タバコを吸っている本人よりも、他の人が吸っているタバコの煙を吸い込むほうが、強い毒性があることをご存知でしょうか?

成分によっては、吸っている本人の3~50倍ものダメージを受けることになります。

そのため、タバコを吸っている親の子どもは、歯ぐきの黒ずみが多く見られます。

 

10歳で歯ぐきの黒ずみ、歯の着色汚れ、口臭を発症

厚生労働省が提供する健康情報サイト「e-ヘルスネット」によると、子どもの受動喫煙は、呼吸器疾患や中耳炎、乳幼児突然死症候群の発症が指摘されており、ぜんそくや虫歯との因果関係にも言及されています。

直接煙を吸わなくても、受動喫煙した母親のおなかの中にいる赤ちゃんにも影響がでます。

早期から受動喫煙を続けてきた子どもは、10歳そこそこで歯肉メラニン色素沈着が起こり、歯ぐきの黒ずみ、歯の表面も着色汚れが目立ち、口臭が気になりはじめます。

また、親が喫煙者であることでタバコに抵抗感をもたない子どもが多いため、自分自身も早くから喫煙をはじめる傾向にあります。受動喫煙と本人の喫煙のダブルの影響で、健康リスクが跳ね上がります。

 

禁煙、生活習慣の改善、手術での改善が図れます

お子さんの歯ぐきの黒ずみを改善するためには、家族も一緒に禁煙、生活習慣の改善を実施する必要があります。

そして、あまり気になるようであれば、手術によって歯肉メラニン色素沈着部分の切除を行う方法もあります。

ただし、手術で改善しても、生活習慣が変わらなければ再発してしまいます。改善した状態を継続していくためには、これまでの生活習慣を見直す必要があります。

大切なお子さんの将来のためにも、家族で一丸となって治療をすすめていきましょう。

すけひろ歯科・kidsデンタルクリニックでは、お口や歯についてのお悩みをおうかがいしています。困ったことがあれば、お気軽にご相談ください。

可愛くなりました(^o^)/

2019.10.30(水)

こんにちは!

歯科衛生士の荒木です!

先日、ハンズマンのガラクタ市に行ってきた際に可愛いガラスシートを見つけました!

ガラクタ市なので、破格のお値段\(^o^)/‼

キッズルームの窓ガラスに貼ったら予想通り可愛い仕上がりになりました(^-^)👌

 

子供さんが来たときに喜んでもらえるといいな~と思います(^-^)

 

明日はハロウィンで、

当院も今日からハロウィンイベントをしています🎃

よろしかったらご予約お待ちしています

すけひろ歯科・kidsデンタルクリニック
熊本県熊本市東区長嶺南1丁目6−5

歯科衛生士 荒木絵里香

 

お菓子🍭🍫

2019.10.30(水)

こんにちは!

ひとつ前の投稿でもお知らせした通り、今日と明日の2日間、ハロウィンイベントで治療等でご来院された患者様にお菓子をお渡ししております🎃🌟中身はお楽しみですが、歯科医院ならではの虫歯になりにくいお菓子が入っています👏🏻
クリーニングや虫歯治療、その他お口の中で気になること等ございましたら ぜひ一度ご来院ください💭

お待ちしております😊

すけひろ歯科・kidsデンタルクリニック
熊本市東区長嶺南1丁目6-5

歯科助手. 受付 山部

ハロウィンイベント🎃

2019.10.29(火)

こんにちは、副院長の助廣です。

もうすぐハロウィンですね!

ハロウィンの装飾はかわいいものが多くて毎年わくわくします。

さて、当院でも10月30日、31日の二日間、ハロウィンイベントを行います!

当日ご来院頂いた患者様にお菓子をプレゼントいたします。

もちろん、「虫歯にならないお菓子」ですので、ご安心くださいね。

皆さまのご来院をお待ちしております!

熊本市東区長嶺南1-6-5

すけひろ歯科・kids デンタルクリニック

歯科医師 助廣紗智

 

虫歯予防のために。子どもの定期検診は何歳から?

2019.10.25(金)

こんにちは。

すけひろ歯科・kidsデンタルクリニックです。

 

「定期検診は何歳から連れていけばいい?」という質問をよくうけます。

おすすめは、生後3カ月~9カ月くらいの間の「歯が生え始めたタイミング」です。

 

歯が生えはじめたら最初の検診をうけましょう

虫歯ができて痛みがでてから歯科医院にいくと、お子さまに「歯医者は怖いところ・痛いところ」といった苦手意識がついてしまいます。

歯科医院から足が遠のくと、きれいな歯並びを手に入れるためのメンテナンスがおろそかになってしまいます。

そのせいで早い段階から歯周病に侵され、お口の環境が悪くなってしまうリスクが高まるなど、お子さまの将来に暗い影をおとしかねません。

「歯医者さんは、お口のケアのために日常的に通うところ」という習慣をつけるために、お子さまが1歳になる前に歯科医院デビューするのがおすすめです。

 

子どもの歯が生えてくるのは、いつごろ?

歯が生える時期には個人差がありますので一概には言えませんが、1歳ころ前歯が上下ともに生え、1歳半くらいで奥歯が生え、2歳半くらいまでにだいたいの乳歯が生えそろいます。

子どもの歯は弱く、初期の段階で虫歯を見つけて治療しなければアッという間に広がってしまいます。成長が早いので、1カ月くらいでもお口の状況が変わります。

お子さまの歯の定期検診は、3カ月ごとくらいにおこなうと良いでしょう。かかりつけの歯科医師の指示に従って受けるようにしてください。

乳歯が生え始めた頃からお口の中の環境を管理し、フッ素塗布やシーラント処置などの予防処置を施します。

乳歯が虫歯に侵されるのを防げれば、永久歯に生え変わってからも「虫歯になりにくいお口の環境を手に入れられる」といわれています。

異変があれば早期発見できるように、お子さまの歯科定期検診の習慣をつけましょう。

 

すけひろ歯科・kidsデンタルクリニックでは、「歯医者さんは楽しいところ」とお子さまが思えるような雰囲気づくりを心がけています。

お子さまの歯・お口についてのお悩みがございましたら、何でもお気軽にご相談ください。

1 2 3