ブログ|熊本市東区長嶺南で歯科をお探しの方は【すけひろ歯科・kidsデンタルクリニック】まで


熊本市東区長嶺南・すけひろ歯科・kidsデンタルクリニック
ご予約はこちら
診療時間
9:30~19:00 / / / /
9:30~16:00 / / / / / / /

祝日のある週の金曜日は診療いたします。
休診日:金曜・日曜・祝日

〒861-8039
熊本県熊本市東区長嶺南
1丁目6-5

tel.096-237-6479
  • 地図
  • メニュー

マイオブレース矯正の特徴

2020.01.07(火)

矯正治療と聞くとワイヤーを用いたブラケット矯正をイメージされる方が多いかと思います。

最近では、このブラケット矯正以外にマウスピースを用いた矯正も主流になってきています。

今回はこのマウスピースを用いた矯正の特徴についてすこし詳しく説明をしていきます。

まず、矯正治療の原理をお話しする前に、なぜ歯並びが乱れてしまうのかについてお話をします。歯の大きさは個人差があってもそれほど大きい・小さいの差はないので、歯が大きすぎるからガタガタするということはほとんどありません。それに対して、歯が並ぶ顎の骨は、成長発育の状況により大きさに個人差が出てきます。

そのため歯並びがガタガタする原因は顎の成長発育に起因しているといえます。

そこで、小児期の矯正治療において大事になってくるのが、顎を正しく成長させながら歯を綺麗に整えることです。

ではなぜ顎の成長発育には個人差があるのでしょう?それは、正しい顎の成長には正常な筋の働きが不可欠になります。そこには日常の習癖が大きくかかわっています。

マイオブレース矯正では、この顎の成長を阻害する習癖を改善させるためのプログラムが組まれています。プログラムが進んで習癖が改善されると、顎は正しく成長し、ガタガタしている部分がきれいにほどけてきます。

基本的には、矯正治療が終了した際には、顔の筋肉が正しい働きをするため歯並びが後戻りすることはほとんどありません。

ご不明な点がありましたらご相談ください。

マイオブレース矯正 小児矯正

 

笑気鎮静法

2019.12.21(土)

歯科治療が苦手な方に、当院では笑気鎮静法を行っております。

笑気鎮静法とは、鼻にマスクを着け亜酸化窒素と呼ばれる気体を吸入しリラックス状態にする方法です。

特徴としては、重度の中耳炎や、妊娠、気胸などがなければどなたでも安全に使用していただけるものです。鼻にマスクを当てるので、鼻づまりがあるとうまく吸入できないので使用できない場合があります。

吸入開始後約3分ほどで効果が現れ、治療終了後は酸素吸入に切り替えることですぐに目が覚めます。

保険適応でほとんどの方が安心して利用できる鎮静法なので、ご興味がある方はご相談ください。

笑気 小児歯科

笑気鎮静法

フッ素洗口

2019.12.21(土)

フッ素洗口は歯にフッ素を取り込むのに最も有用な方法の一つです。その洗口の頻度により、毎日法と1週間法の二つがあります。

毎日法と1週間法の違いとしては、使用するフッ素の濃度が異なることです。どちらも誤って飲み込んでしまっても健康には害のない濃度なので安心して使用できます。

フッ素洗口液は無味ですが、若干のフッ素のにおいがあります。

フッ素洗口溶液は一度作ると数週間使用できるので、家庭でできるコストパフォーマンスの高いむし歯予防対策といえます。

フッ素洗口剤は、うがいをすることで歯と歯の間までフッ素が浸透するため、ジェルタイプのものと比較して効果も高くお勧めです。

保育園や学校によってはこのフッ素洗口を取り入れているところもあるのでその際には家庭での使用は必要ありません。

 

フッ素 虫歯予防

フッ素洗口剤です

小児期の歯ぎしり

2019.12.19(木)

夜寝ているときに、お子様が歯ぎしりをしているなんてことありませんか?

歯ぎしりが起こると前歯がすり減り平らになっていることは時々見られます。

歯ぎしりのメカニズムはまだすべてが解明されているわけではありませんが、一説にはストレスなどが原因ともいわれています。

成人の歯ぎしりの場合、歯の根元がかけて知覚過敏になったり、重症の場合、歯が折れて抜かないといけないということもあります。

小児期の歯ぎしりは、まだ筋肉が未発達ということもあり、成人に比較して影響が少ないことがほとんどです。

小児期の歯ぎしりはおよそ中学生までの間に自然に消失するため、特に症状がひどい場合を除いてはそのまま経過を診ていくのが一般的です。

ナイトガード マウスピース 歯ぎしり

虫歯治療が終わった後が重要

2019.12.18(水)

こんにちは、院長の助廣です。

検診で虫歯が見つかると急いで治療をしなければと心配になりますね。

そのため、虫歯の治療が終わると一安心してしまいます。

しかし、虫歯の治療が終わった歯は、詰め物、かぶせ物のふちの部分が時間の経過とともに隙間ができたり、すり減ったりします。そのため、治療個所は虫歯の好発部位といえます。

治療したところは、虫歯になりやすく、治療後のメンテナンスが非常に重要です。

定期健診では、虫歯の有無の他にこのような治療後の状態の確認をします。

虫歯でなくても、虫歯になる前に治療が必要なところは治療を行うことで虫歯予防に繋げることができます。

CR 虫歯治療 予防

1 2 3 4 5 6 7