ブログ|熊本市東区長嶺南で歯科をお探しの方は【すけひろ歯科・kidsデンタルクリニック】まで


熊本市東区長嶺南・すけひろ歯科・kidsデンタルクリニック
ご予約はこちら
診療時間
9:30〜12:30 / / /
14:00〜18:30 / / /

▲土曜日 9:30〜12:00、13:00〜17:00
祝日のある週の金曜日は診療いたします。
休診日:金曜・日曜・祝日

〒861-8039
熊本県熊本市東区長嶺南
1丁目6-5

tel.096-237-6479
  • 地図
  • メニュー

親がタバコを吸っていると子どもの歯ぐきが黒くなるって本当?

皆さん、こんにちは。

熊本市東区の すけひろ歯科・kidsデンタルクリニックです。

 

お子さまの受動喫煙による健康への影響が、問題になっています。

実は、タバコを吸っている本人よりも、他の人が吸っているタバコの煙を吸い込むほうが、強い毒性があることをご存知でしょうか?

成分によっては、吸っている本人の3~50倍ものダメージを受けることになります。

そのため、タバコを吸っている親の子どもは、歯ぐきの黒ずみが多く見られます。

 

10歳で歯ぐきの黒ずみ、歯の着色汚れ、口臭を発症

厚生労働省が提供する健康情報サイト「e-ヘルスネット」によると、子どもの受動喫煙は、呼吸器疾患や中耳炎、乳幼児突然死症候群の発症が指摘されており、ぜんそくや虫歯との因果関係にも言及されています。

直接煙を吸わなくても、受動喫煙した母親のおなかの中にいる赤ちゃんにも影響がでます。

早期から受動喫煙を続けてきた子どもは、10歳そこそこで歯肉メラニン色素沈着が起こり、歯ぐきの黒ずみ、歯の表面も着色汚れが目立ち、口臭が気になりはじめます。

また、親が喫煙者であることでタバコに抵抗感をもたない子どもが多いため、自分自身も早くから喫煙をはじめる傾向にあります。受動喫煙と本人の喫煙のダブルの影響で、健康リスクが跳ね上がります。

 

禁煙、生活習慣の改善、手術での改善が図れます

お子さんの歯ぐきの黒ずみを改善するためには、家族も一緒に禁煙、生活習慣の改善を実施する必要があります。

そして、あまり気になるようであれば、手術によって歯肉メラニン色素沈着部分の切除を行う方法もあります。

ただし、手術で改善しても、生活習慣が変わらなければ再発してしまいます。改善した状態を継続していくためには、これまでの生活習慣を見直す必要があります。

大切なお子さんの将来のためにも、家族で一丸となって治療をすすめていきましょう。

すけひろ歯科・kidsデンタルクリニックでは、お口や歯についてのお悩みをおうかがいしています。困ったことがあれば、お気軽にご相談ください。