ブログ|熊本市東区長嶺南で歯科をお探しの方は【すけひろ歯科・kidsデンタルクリニック】まで


熊本市東区長嶺南・すけひろ歯科・kidsデンタルクリニック
ご予約はこちら
診療時間
9:30〜12:30 / / /
14:00〜18:30 / / /

▲土曜日 9:30〜12:00、13:00〜17:00
祝日のある週の金曜日は診療いたします。
休診日:金曜・日曜・祝日

〒861-8039
熊本県熊本市東区長嶺南
1丁目6-5

tel.096-237-6479
  • 地図
  • メニュー

親知らず’’抜いたほうが良い訳’’

2021.01.21(木)

骨の中で横向きに埋まっている親知らず、あるいは傾斜して一部だけ頭を出している親知らずは

生えようとして隣の奥歯を押して傷めたり、隣の歯との隙間にプラークを溜め込んで

むし歯や歯周病を引き起こすトラブルメーカーなんです。

 

症状がないからと言ってそのままにしていると、むし歯や歯周病が進行して手遅れになるほど

隣の歯が傷んでしまったり、歯並びが悪くなって奥歯で噛めなくなったり、

最悪の場合、炎症が首まで広がり入院、、、なんてことも起こりえるのです。

 

実は年齢を重ねるにつれ、歯と顎の骨の癒着が起きやすく、

そうなると抜くのがとても大変になります。

抜くならなるべく若いうちに抜いておくのがおススメです。

唾液の機能

2021.01.20(水)

 

唾液の仕事は

①おくちを清潔に保つ ②歯を補修する

③お口の粘膜を守る ④「食べる」を助ける

⑤細菌・ウイルスから体を守る

等があります!

意外といろいろな役割を担っていますよね。

唾液の減少を防ぐには、唾液腺のマッサージ、食生活の改善、

咀嚼回数を増やすなどがありますが、一番手頃なのはガムを噛むことです。

糖分の多いガムはおススメできませんが、フッ素が多く含まれるものなど、

どうせ摂取するなら歯に良いものがいいですよね!

 

ドライマウスについて「対処法編」

2021.01.18(月)

前回のブログで記述した通り、ドライマウスはいつ誰がなっても

おかしくありません。

では、実際にドライマウスになってしまったとき

どうすれば症状を緩和、改善できるのかお伝えしていきます。

 

基本的な対策としては、

①こまめに水分補給をする

②よく噛んで食べる

③こまめに歯みがきをする

などが挙げられます。

それに加え、味による刺激も唾液の分泌量を左右します。

味とは「うま味」「酸味」」「苦味」「塩味」「甘味」によって構成されていて、

一番唾液腺を長い時間刺激したのは「うま味」という研究結果がでております。

3種類に分類される「うま味」ですが、キノコ、鰹節、昆布に多く含まれています。

もし少しでもお口の渇きが気になったら積極的に「うま味」を摂取して

進行を防げるように覚えておくといいですね!

ドライマウスについて「原因編」

2021.01.18(月)

ドライマウスという症状をご存じですか?

別名「口腔乾燥症」といいます。

疑われる症状としては、

■お口の中が焼けるように痛い ■味がしにくい

■話しにくい ■口臭が気になる

などが挙げられます。

 

自律神経の乱れにより起こるドライマウス。

中高年の方は更年期のホルモンバランスの乱れ、若い方ではストレスによる影響でも

唾液が出にくくなる方はいらっしゃいます。

むし歯進行抑制剤”サホライド”①

2021.01.12(火)

サホライドというお薬をご存じですか?

むし歯になっている歯に塗布するもので、効果、効能には以下のものがあります。

●初期むし歯の進行抑制

●二次虫歯の抑制

●象牙質知覚過敏症抑制

 

そもそもサホライドは製品名で、含まれる成分名は「フッ化ジアンミン銀」といいます。

「フッ化」の名のとうり、むし歯予防に有効なフッ素が入っています。

サホライドに含まれているフッ素濃度は、歯科医院で扱っているフッ素塗布剤(9000PPM)を

はるかにしのぐ濃度です。

1 2 3 4 5 6 7 43