ブログ|熊本市東区長嶺南で歯科をお探しの方は【すけひろ歯科・kidsデンタルクリニック】まで


熊本市東区長嶺南・すけひろ歯科・kidsデンタルクリニック
ご予約はこちら
診療時間
9:30〜12:30 / / /
14:00〜18:30 / / /

▲土曜日 9:30〜12:00、13:00〜17:00
祝日のある週の金曜日は診療いたします。
休診日:金曜・日曜・祝日

〒861-8039
熊本県熊本市東区長嶺南
1丁目6-5

tel.096-237-6479
  • 地図
  • メニュー

むし歯の進行抑制

2020.09.14(月)

治療がまだ難しい年齢の場合、積極的な虫歯治療が困難な部位に対して用いられるのが「むし歯の進行抑制剤」です。

成分はフッ化ジアンミン銀で、その主成分は「銀」と「フッ素」です。

大きな特徴として、銀による殺菌抗菌作用、歯磨き粉や歯科でのフッ素塗布剤のフッ素濃度よりも高いフッ素濃度を有しており、細菌の繁殖抑制と歯の再石灰化(修復作用)に優れます。

これが、むし歯の進行抑制効果が高い理由です。次回はむし歯進行抑制剤を用いた後の管理についてお話していきます。

 

 

保険適応のかぶせ物の種類が増えました!

2020.09.10(木)

CAD/CAM

今まで保険内でかぶせ物、と言ったら銀歯をイメージされる方が多いかと思います。昨今では小臼歯と呼ばれる歯から第一大臼歯と呼ばれる歯に対してCAD/CAM冠と呼ばれるハイブリッドセラミック冠が適応になりました。

そして、9月からは前歯にも適応可能となりました。(諸条件あります。)従来の保険適応のかぶせ物に比較すると色の点で歯に近くなりました。

また、金属を使用していないため、アレルギーの心配もありません。

詳しく知りたい方は一度ご相談ください。

 

 

治療の中断は危険です

2020.08.31(月)

8020運動

痛みが強い場合、ほとんど場合が炎症によるものです。

炎症を抑え、炎症が起こっている部位に負担がかからないようにすることで一時的な痛みは緩和されます。

ただし、その場合のほとんどは、一時的に炎症が引いているだけで根本的な部分は解決されていないことがほとんどです。

炎症を抑えるためのお薬の効果が切れてくると、また最近の活動が活発化して症状が再発することがあります。無症状で経過した場合でも、症状がないところで細菌は活動していますので徐々に悪化していきます。

歯も歯茎もある程度の免疫(体力)があるため、初期の軽度のむし歯や歯周病の場合には無自覚で病状が進行することがほとんどです。

そのため、自身で自覚できるようになったころには、ある程度病状が進行していたということはあります。

まず大事なことは、ご自身の今のお口の状態を正しく知ること、症状がある場合にはきちんと治療を完結させることが重要です。

治療中は外からの影響を受けやすい状態で、一度悪くなるとさらに治療期間がかかります。

お口は健康の入り口といわれるように、まずは食への不安を無くすことが健康への第一歩ではないでしょうか。私たちはそのお手伝いができるように日々研鑽を積んでまいります。

 

麻酔による咬傷

2020.08.25(火)

麻酔後の咬傷

麻酔をすると麻酔をした部分だけでなく広い範囲に効きます。例えば、下の奥歯のむし歯治療で麻酔を使用した際には舌や頬、下唇まで麻酔が効いてきます。

麻酔に慣れている子供、しっかりと自己管理ができる年齢であれば問題はありません。

反対に低年齢や麻酔が初めてのケースでは、麻酔によるしびれが気になり手で触ったり、噛んで感覚を確かめたりすることがあります。

一度噛んでしまうと、噛んだところが腫れて、さらに気になってまた噛んでしまったりを繰り返すことがあります。

個人差はありますが、麻酔はおよそ2~3時間ほど効きます。そのため、麻酔が効いている間はおやつや、お食事など「噛む」可能性が高い動作は出来ないため、予約時間・お食事の時間の調整をしておくと唇をかむリスクを下げられます。

そのため初めて虫歯治療を開始する際には、少し余裕をもって治療をされることをおすすめします。

分からないことがありましたらどうぞお尋ねください。

 

 

鼻呼吸から始める歯並び予防

2020.08.22(土)

正しい鼻呼吸

お子様のお口が「ポカン」とあいていることはありませんか?お口で呼吸をしていると適度な口唇の緊張が失われてしまうこと、鼻腔が拡がらず上顎に適度な力がかからないなどの弊害が出てきます。

そうなると、歯並びや顎の成長に様々な影響を与えてしまいます。

具体的には、顎の成長量が不足して、歯並びが狭くなり窮屈になってしまうことです。

鼻づまりがある場合には、そこから改善することで将来の歯並び予防につながります。

言葉が分かるようになる3才頃からは、お子様のお口「ポカン」を見つけたら親子で改善に向けてアプローチすることが大切ですね。

 

1 2 3 4 5 6 7 41