ブログ|熊本市東区長嶺南で歯科をお探しの方は【すけひろ歯科・kidsデンタルクリニック】まで


熊本市東区長嶺南・すけひろ歯科・kidsデンタルクリニック
ご予約はこちら
診療時間
9:30~19:00 / / / /
9:30~16:00 / / / / / / /

祝日のある週の金曜日は診療いたします。
休診日:金曜・日曜・祝日

〒861-8039
熊本県熊本市東区長嶺南
1丁目6-5

tel.096-237-6479
  • 地図
  • メニュー

定期健診は何歳から?

2019.12.04(水)

こんにちは、院長の助廣です。

時々、子どもの定期健診はいつからがいいですか?とご質問を頂きます。定期健診は歯が生える生後約6か月頃からが開始時期です。

ちょうどこの時期になると離乳食が始まり、赤ちゃんもお口に何かを入れることに興味を持ち始めます。

そのため、今まで以上にお口の中にいろいろな物が入る機会が増え、虫歯菌が侵入してくる可能性が高くなります。

この時期は、生えてきた歯に問題がないかどうか、これから虫歯を作らないためにどうアプローチをしていけばよいのか、正しい知識を取り入れ実践していくことが重要になります。

それと、少しずつ歯科受診に慣れてもらうための第一歩という意味で、6か月での検診は非常に重要な意味を持ちます。

3~4か月に一回の検診で、お口の状態の確認、家庭でのケアの確認、定期的なフッ素塗布を行い、3歳までに習慣化することで虫歯のない永久歯列を作ることができます。

大切なお子様へ、虫歯がない永久歯を作ることはきっと素敵な贈り物になるはずです!

 

熊本市東区長嶺南1‐6‐5

すけひろ歯科・kidsデンタルクリニック

院長 助廣 都祈

 

虫歯の進行と症状

2019.12.04(水)

こんにちは、院長の助廣です。

今回は、虫歯の進行とその症状についてです。まず、虫歯の進行についてお話をする前に歯の構造についてです。

歯は表面から、エナメル質、象牙質、そして中心部に歯髄と呼ばれる神経・血管組織があります。

最表層のエナメル質は非常に硬く、歯への刺激を遮断する役割も持ちます。そのため、エナメル質が侵され、その下の象牙質まで虫歯が及ぶと「しみる」「痛い」などの症状が出やすくなります。

なので、症状が出ているときにはある程度虫歯が進行してしまっているため、歯を削る量が多くなってしまったり、歯の神経を取る必要が出てきます。

虫歯の治療は症状が出る前の初期の状態で治療を開始するのがベストです。

虫歯の検査としては、従来のレントゲン撮影とダイアグノメントと呼ばれる光を当てることで虫歯の進行状況を数値化して確認する機器もあります。

気になる方は、まずは検診から始め精密検査をすることをお勧めします。

 

熊本市東区長嶺南1‐6‐5

すけひろ歯科・kidsデンタルクリニック

院長 助廣 都祈

 

歯周病治療の流れ

2019.12.03(火)

こんにちは、院長の助廣です。

今回は、歯周病治療の流れについてです。まず、歯周病治療では

  • 歯石除去
  • 炎症性歯肉の除去
  • ブラッシングの改善
  • 生活習慣の改善
  • 糖尿病治療との連携

が重要になります。

これらのことを行っていく前に、現在のお口の中の状態を検査し、どこまで、どのような治療が必要か、治療計画を立てます。

歯周病治療は、その症状により治療期間と回数が異なり、最短で1週間(2回の通院)、長いときには半年~1年程度期間が必要になる場合があります。

歯周病治療の特徴として、歯周病が無症状に進行していくこと、歯石除去も重要ですが家庭でのブラッシングや禁煙などの患者さん本人の頑張りが必要になります。

そのため、歯石除去と並行してブラッシングの確認をしながら治療を進めていきます。

中等度以上の歯周病の場合には、状態により歯周外科処置が必要になるケースがあります。歯周外科処置では炎症性物質の除去だけでなく、骨の再生療法を併用する場合があります。

歯周病がサイレントキラーと呼ばれるのは、無自覚のうちに症状が重くなっているからです。早めの検診と予防をお勧めします!

 

熊本市東区長嶺南1‐6‐5

すけひろ歯科・kidsデンタルクリニック

院長 助廣 都祈

 

 

歯周病、むし歯の治療の流れ

2019.12.03(火)

こんにちは、院長の助廣です。

今回は、歯周病治療と他の治療との関連性についてお話をしていきます。

まず、歯周病とは歯茎や歯を支えている歯の周りの歯周組織(特に歯槽骨)に起こる疾患です。歯周病に罹患している患者さんの多くが歯肉炎という歯茎が腫れている状態を併発しています。

そのため、歯石を除去し歯茎の炎症が落ち着いてくると歯茎がだんだんと引き締まり治療前の状態に比較して歯茎が下がったと感じる方もいるかと思います。

この治療後の歯茎が引き締まるということは非常に重要で、歯周病治療前にかぶせ物の治療を行ったり、歯茎の際の部分の虫歯の治療をすると、歯周病の治療後に見た目がおかしくなってしまったり、形態不良で磨き残しが出やすくなったりすることがあります。

また、インプラント治療を考えられている方も同じです。インプラントは外科処置が必要で、先に歯周病治療を行っておくことで感染リスクを下げられるメリットがあります。

また、歯周病治療に伴い、抜歯が必要な歯がある場合は、状況にもよりますが、早めの抜歯が必要です。

なぜなら、抜かないといけない歯は感染源の温床となっており、無理に残しておくことで歯周病治療が思うように進まなかったりする原因になるためです。

例外もありますが、通常、抜歯→歯周病治療→虫歯・かぶせ物・インプラント治療の順番で進めていくことを推奨します。

 

熊本市東区長嶺南1‐6‐5

すけひろ歯科・kidsデンタルクリニック

院長 助廣 都祈

 

 

小児矯正マイオブレースについて

2019.12.03(火)

こんにちは、院長の助廣です。

今回は、先日ブログにてご紹介させていただいたマイオブレース矯正について少し詳しく説明していきます。

マイオブレースとは、オーストラリア発祥の矯正治療です。マウスピース型の装置とアクティビティと呼ばれるトレーニングを行うことで、顎の成長発育に影響を与える習癖を改善し、顎・顔面の筋機能を健全化することで、歯並びを改善させる方法です。

通常、矯正治療後には保定装置と呼ばれる歯並びが元に戻るのを防ぐ装置を装着し続けなければなりません。

マイオブレースでは、歯並びに悪影響を与える習癖を改善させながら、歯並びが改善するため、歯が綺麗に並んだあとに保定装置を装着する必要がありません。

矯正期間は約2年、通院は月に1回程度です。装置の使用は日中1~2時間と就寝時になります。

適齢期としましては、6歳~8歳頃です。6歳からとしているのは、使用にあたり、アクティビティ(トレーニング)の趣旨をしっかり理解し、装置を使用できる年齢の目安です。

前歯の歯並びがガタついているなど、歯並びに問題が生じている場合には早めの矯正開始が、全体の歯並びの予防につながります。

ご不明な点がありましたら何なりとご相談ください。

 

熊本市東区長嶺南1‐6‐5

すけひろ歯科・kidsデンタルクリニック

院長 助廣 都祈

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 23